サウンドカードとマザーボードサウンド(オンボードサウンド)の違い

「サウンドカードとマザーボードサウンド(オンボードサウンドとも言う)って何が違うの?」

という疑問を持つ人向けに、違いについて紹介したいと思います!

関連サウンドカードとは?

共通点

どちらも「パソコンで音を出すためのもの」という点は共通です。

  • サウンドカード・・・音を処理するためのパソコンパーツ
  • マザーボードサウンド・・・マザーボードに付属している音を処理するための機能

 

昔のパソコンでは、「音を出したい!」という場合はサウンドカードが必須でした。

ですが、2000年以降になってから

  • 「マザーボードにサウンドカードの機能を付けたろ!」
  • 「それでパソコンの価格を安くしたろ!」

というパソコンばかりが販売されるようになりました。

なので、昨今のパソコンでは、サウンドカードを搭載しなくても、マザーボードサウンドで音が出せるようになっています。

違い

すごくザックリ言うと、以下のように違います。

 サウンドカード マザーボードのサウンド


(商品による)

音質


(商品による)

機能


(商品による)

:良い
:普通
:ダメ

 

順番に見ていきましょう!

音質

基本的には、サウンドカードの方が高音質です。

ですが、価格が安いサウンドカードだと、「マザーボードのサウンドと音質変わらなくね?」ということが多いです。

機能

基本的に、サウンドカードにはいろいろな機能が付いています。

例えば、

  • 高クオリティなエフェクト機能(エコー、リバーブなど)が付いていたり
  • 高クオリティな音声加工機能(女声にしたり)が付いていたり
  • 高クオリティなイコライザ機能が付いていたり
  • エコーキャンセラーが付いていたり

など。

 

それに対して、マザーボードのサウンドは、基本的に機能が貧弱です。

簡単なイコライザ機能しか付いていなかったり。

ただ、高価なマザーボードだと、機能も豊富だったりします。

まとめ

といわけで、まとめると、

・サウンドカード・・・音質は普通以上。機能もそこそこ豊富。

・マザーボードサウンド・・・音質は普通。機能は貧弱。

・どちらにせよ、価格が高いパーツだと、音質も機能も良くなる傾向にある

みたいな感じです!

 

以上、参考になればうれしいです!

コメント