サウンドカードのデイジーチェーン接続とは?

サウンドカードには「デイジーチェーン接続」という端子が用意されている場合がありますが

「そもそもデイジーチェーン接続って何なの?」

という人向けに、デイジーチェーン接続について紹介したいと思います!

デイジーチェーン接続とは?

デイジーチェーン接続は

デイジーチェーン端子で繋がったサウンドカードのマイク入力音声を共有できる接続方法

です。

 

例えば、3台のパソコンでつなぐ場合は

PC1        PC2        PC3     
サウンドカード  サウンドカード  サウンドカード

:3.5mmケーブル

という感じに繋いで使用します。

このように繋いだ場合、それぞれのパソコンに接続したマイクの音声を、すべてのサウンドカードで聴けるようになります。

例えば、

  • PC1を使っている人がマイクを通して「あああッ!」と喋ると・・・
    PC2PC3のサウンドカードから「あああッ!」と聴こえる 
  • PC2を使っている人がマイクを通して「あああッ!」と喋ると・・・
    PC1PC3のサウンドカードから「あああッ!」と聴こえる 
  • PC3を使っている人がマイクを通して「あああッ!」と喋ると・・・
    PC1PC2のサウンドカードから「あああッ!」と聴こえる

みたいな感じになります。

ちなみに

デイジーチェーン=数珠つなぎ

という意味です。

▲デイジーチェーンとは、数珠のように連続して繋いでいくという意味

デイジーチェーンのメリット

「デイジーチェーンってどういう場面で使うの?」という人のために例を出して紹介します。

 

例えば、FPSゲーム(銃で撃ち合いするゲーム)で

  • 3人 vs 3人

で対戦することを想定してみましょう。

 

FPSゲームではチームワークが非常に重要なので、マイクで

  • 「お前は右側の敵を頼む!」
  • 「俺は左側をやる!」

などと常にコミュニケーションを取りつつプレイするのが普通です。

 

このとき、コミュニケーションの取る手段としては

  • Skypeなどの電話ソフトで話しつつプレイする
  • リアルでパソコンを持ち寄って、リアルで会話しつつプレイする

の2通りがありますが

 

前者の場合、ネットを通しての通話だと

  • 「ネット回線のせいでマイク音声が聴こえなかった。そのせいで撃ち殺された。」
  • 「ネット回線のせいでマイク音声が遅延した。そのせいで撃ち殺された。」

みたいなことが起こるかもしれません。

また後者の場合、リアルで会話することができるので、コミュニケーションの面では完璧ですが、「ヘッドホンをすると会話ができない」という致命的な欠点があります。

FPSゲームをするときってヘッドホンを絶対しますよね?
ヘッドホンをすると人の声って聴こえないですよね?
じゃあダメじゃん?

ってことです。

 

「じゃあどうすればいいんだ!?」

という問題を解決できるのが「デイジーチェーン」機能です!

 

「デイジーチェーン」を使えば

ヘッドホンをしつつ、ゲームの音も聴こえるし、仲間のマイクの音声も聴こえるし、ケーブルで繋いでいるので音声の遅延・音切れの心配もありません!完璧です!

デイジーチェーンに対応しているサウンドカード

例えば、以下のサウンドカードは、最大8台までデイジーチェーンに対応していたりします↓。

ゼンハイザー ゲーミング&PC用オーディオアンプ 7.1ch GSX 1200 Pro【国内正規品】
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥ 24,486(2019/11/14 10:59時点)
デイジーチェーンで最大8台まで直接接続可能、遅延の無いボイスチャットを実現

まとめ

というわけで「デイジーチェーン」をまとめると

・サウンドカードのデイジーチェーンとは、デイジーチェーン端子で繋がったサウンドカードのマイク入力音声を共有できる接続方法のこと!

・デイジーチェーンを使えば、ガチゲーマー同士の連携プレイが有利になる!

でした!

 

以上、参考になればうれしいです!

コメント