HDDとSSDの違いとは?

パソコンのデータは、

  • HDD
  • SSD

のどちらかに保存されます。

 

このページでは

「HDDとSSDの違いって何なの?」という人向けに、HDDとSSDの違いについて紹介します!

HDDとSSDの違い

以下、違いを表にまとめました!

HDD

 

SSD

昔のレコードと同じような仕組み。仕組みUSBメモリと同じような仕組み。
容量に対して価格が安い?
読み書きする速度は?
壊れやすい?
壊れる前の予兆は?
静音性は?
質量は重い?
消費電力は?
耐衝撃性は?

:優れている
:劣っている
?:わからない

 

1つずつ見ていきましょう!

仕組み

詳しく説明すると、以下のとおりです。

  • HDD:
    →プラッタというCDみたいなモノを高速で回転させて、昔のレコードのような針のようなものでデータを読み書きする。 
  • SSD:
    →USBメモリと同じく、フラッシュメモリにてデータを読み書きする。

HDDは機械的な機構が存在するので、駆動すればするほど部品が劣化していきます。

それに対してSSDでは、機械的な機構が存在しないので、部品が劣化しません。

容量に対して価格が安い?

HDDは容量に対して価格が安めです。

SSDは容量に対して価格が高めです。

なので、容量だけで考えると、HDDの方がオトクです!

読み書きする速度は?

すごくザックリですが、

  • HDD:100MB/s
  • SSD:400MB/s

という感じで、SSDの方が3~4倍くらい読み書き速度が早いです。

なので、「データをサクサク読み書きしたい!」という場合は、SSDの方が良いです!

壊れやすい?

どちらも、

  • いつ壊れるのか分からない
  • でも、寿命は大体5年くらい(と言われている)

という点は同じです。

 

HDDは、データを保存する場所(プラッタ)が壊れることはほぼありませんが、データを読み取りための機構が壊れます。

SSDは、データを読み取りための機構は壊れませんが、データを保存する場所(メモリ)が壊れます。

ちなみに、僕の経験上ですが、HDDは5~10年くらいで壊れる気がします。(10年持てばかなり運が良い方です。)

また、元から壊れやすいHDDは、1年も経たないうちに壊れるものが多い気がします。

壊れる前の予兆は?

HDDは壊れる前に、

  • 異音が鳴ったり
  • 読み書きが遅くなったり

と、”壊れる前の予兆”があります。

 

しかし、SSDは何の予兆もなく、突然壊れます。

「朝起きたら死んでた」みたいに急死します。

静音性は?

HDDは常に「ガーーーー」という小さな音が鳴っていて、読み書きするときも「キュルッキュルッ」という音が鳴ったりします。

それに対して、SSDは無音です。すごく静かです。

なので「パソコンの音が気になる!」という人は、SSDのほうが良いです!

質量は重い?

HDDは、質量が重めです。

SSDは、質量が軽めです。

なので、ノートパソコンのように持ち運びするパソコンでは、SSDの方が絶対に良いです!

消費電力は?

HDDは、消費電力が高めです。

SSDは、消費電力が低めです。

なので、「少しでも電気代を安くしたい!」という人は、SSDにしたほうが良いです!

耐衝撃性は?

HDDは、耐衝撃性が低めです。

SSDは、耐衝撃性が高めです。

なので、ノートパソコンのような持ち運びするようなパソコンでは、SSDにしたほうが良いです!

使い分け

使い分けは

大事なデータを保管するときは・・・HDD

OSなどの頻繁に読み書きするようなものをインストールするときは・・・SSD

という風にすればOKです!

 

実際、僕も、

  • SSD(320GB)・・・OS用
  • HDD・・・データ保管用

という風にして使い分けています!

商品例

例えば、これがHDD(内蔵タイプ)です↓。

例えば、これがHDD(外付けタイプ)です↓。

例えば、これがSSD(内蔵タイプ)です↓。

例えば、これがSSD(外付けタイプ)です↓。

まとめ

というわけで

・HDDとSSDはどちらもデータを保存するためのパソコン機器。

・HDDは速度が遅い。

・SSDは速度が速い。

・OSをインストールするのはSSDがオススメ。

・データ保存はHDDがオススメ。

という記事でした!

 

以上、参考になればうれしいです!

コメント