DVI-I・DVI-D・DVI-Aの違い

映像端子であるDVIには

  • DVI-I
  • DVI-D
  • DVI-A

という3種類があります。

このページでは、この3つの違いについて紹介します。

違い

デジタル or アナログ

それぞれ以下のように異なります。

  • DVI-I:デジタルアナログの両方を送れる
  • DVI-D:デジタルを送れる
  • DVI-A:アナログを送れる

 

画質で言うと

  • DVI-D:デジタルで映像を送れる
    →綺麗
  • DVI-A:アナログで映像を送れる
    →汚い 
  • DVI-I:デジタルで映像を送った場合
    →綺麗
  • DVI-I:アナログで映像を送った場合
    →汚い

という感じです。

ただし、「汚い」と言っても、あからさまに「きたねえ!」と感じるレベルではなく、「デジタルに比べるとまぁ汚いよねー」と少し感じるレベルです。

端子の形状

最初に3種類と言いましたが、DVIは「端子」と「ケーブル」で種類が以下のように異なります。

  • DVI端子=3種類
  • DVIケーブル=5種類

 

DVI端子は、最初に書いたように

  • DVI-I
  • DVI-D
  • DVI-A

の3つです↓。

▲パソコンやディスプレイに装備されているDVI端子は、この3種類のどれか

 

次に「なぜケーブルは5種類あるか」という話ですが、その理由は

「DVI-D」ケーブルと「DVI-I」ケーブルには

  • シングルリンク
  • デュアルリンク

という2種類がそれぞれあるからです。

 

なので、それを含めると、DVIケーブルには

  • DVI-I(シングルリンク
  • DVI-I(デュアルリンク
  • DVI-D(シングルリンク
  • DVI-D(デュアルリンク
  • DVI-A

という5種類があります↓。

▲DVIケーブルは、この5種類のどれか

 

「どれがどれか分からない!」という人は

「シングルリンクのケーブルは真ん中の6ピンが歯抜けになっている」

「アナログに対応しているDVI-AとDVI-Iは、4つのピンが追加されている」

「DVI-Aは変な形」

と覚えると良いと思います。

 

解像度の違い

対応している最大解像度は

  • DVI-I(シングルリンク
    →1920×1200まで
  • DVI-I(デュアルリンク
    →2560×1600まで
  • DVI-D(シングルリンク
    →1920×1200まで
  • DVI-D(デュアルリンク
    →2560×1600まで
  • DVI-A
    →2048×1536まで

    です。

     

    シングルリンクなら1920×1200まで。

    デュアルリンクなら2560×1600まで。

    DVI-Aは2048×1536まで。(VGAと同じ)

     

    DVIだと4K(3840×2160)ディスプレイを映すのはムリということですね。

    ただし、DVIでも、リフレッシュレートという「1秒間に何回画面を更新するか」みたいな値を33Hzくらいまで下げれば、4Kを表示させることができるらしいのですが

    33Hzってパソコンを操作してて「もっさりしててイライラするなぁ・・」と感じるレベルなので、実用性はあまりないと思います・・。

    (4Kを映したい場合は、素直にHDMIケーブルかDisplayPortケーブルを使いましょう)

     

    また、リフレッシュレートを下げることで4Kまで対応可能ですが、パソコンやディスプレイが4kまで対応しているとは限りません。

    例えば、「リフレッシュレートを下げても最大対応解像度は2560×1600のままだよ~」みたいなパソコンあります。

    互換性

    DVI端子にはそれぞれ互換性があります。

     

    具体的に言うと

    • DVI-I端子には・・・
      →DVI-I(シングルリンク)ケーブル
      →DVI-I(デュアルリンク)ケーブル
      →DVI-D(シングルリンク)ケーブル
      →DVI-D(デュアルリンク)ケーブル
      →DVI-Aケーブル の5種類が挿せる
    • DVI-D端子には・・・
      →DVI-D(シングルリンク)ケーブル
      →DVI-D(デュアルリンク)ケーブル の2種類が挿せる
    • DVI-A端子には・・・
      →DVI-Aケーブル の1種類が挿せる

      という感じです。

      ちなみに、「DVI-Iケーブルって何のために存在するの?DVI-Dケーブルだけで十分では?」と思うかもしれませんが、そのとおりです。

      DVI-Iケーブルは、「ディスプレイにVGA端子しかない!」みたいな場合に、DVI-I→VGAというふうに変換するためだけに存在しているようなケーブルです↓。

      UGREEN DVI-I 24+5 オス to VGAオス変換デュアルリンクデジタルビデオケーブル ゲーム DVD ラップトップ HDTVやプロジェクター 1080p対応 金メッキコネクタ搭載 (1.5m)

      今のパソコン=ほとんどがDVI-D

      ▲DVI-D(シングルリンク)

      今現在(2018年1月)、

      市販されているパソコンに装備されているDVI端子のほとんどは「DVI-D」です。

       

      おそらくですが

      アナログ接続の「DVI-A」なんて今更需要ないでしょ!

      「DVI-A」の需要がないってことは「DVI-I」も不要だよね!「DVI-D」で十分だよね!

      みたいな時代の流れから、「DVI-D」を搭載するパソコンばかりになってきているんだと思います。

      ちなみに今現在では、「DVI」とだけ書かれている場合、「DVI-D」のことを指していることが多いです。

      DVIケーブルの商品例

      「どれを買えばよいのか分からない!」みたいな人向けに、具体的な商品を紹介したいと思います。

      まず、「DVI-D」端子が搭載されていて、「1920×1080以下の解像度で大丈夫だよ!」みたいな場合は、以下のDVI-D(シングルリンク)ケーブルでOKです。

       

      次に、「DVI-D」端子が搭載されていて、「1920×1080以上の解像度を映したいよ!」という場合は、以下のDVI-D(デュアルリンク)ケーブルを使いましょう。

      ちなみに

      • DVI-D(シングルリンク)ケーブル
      • DVI-D(デュアルリンク)ケーブル

      の2つは、どちらも大して値段が変わらないので(2019年1月現在)、どうせだったらDVI-D(デュアルリンク)ケーブルを購入した方が良いと思います。

       

      また、「DVI-I」端子が搭載されていて、「接続したいディスプレイにVGA端子しか付いていない!」という場合は、以下のようなDVI-I→VGAに変換して接続できるケーブルを使いましょう。

      UGREEN DVI-I 24+5 オス to VGAオス変換デュアルリンクデジタルビデオケーブル ゲーム DVD ラップトップ HDTVやプロジェクター 1080p対応 金メッキコネクタ搭載 (1.5m)

      まとめ

      というわけでザックリまとめると

      ・今の時代、DVIと言えば「DVI-D」のことなので、他の端子は無視してOKかも

      ・DVIのケーブルを買うときはDVI-D(デュアルリンク)ケーブルを買えば、大体OKかも

      という内容でした。

      以上、参考になればうれしいです!

      コメント