DisplayPortのアクティブとパッシブの違い|メリット・デメリット

DisplayPort変換ケーブルには

  • アクティブタイプ
  • パッシブタイプ

の2種類があります。

このページでは、この2種類の違いについて紹介します。

違い

結論から言うと、以下のような違いがあります。

  • アクティブタイプ・・・
    DisplayPort信号からHDMI信号に変換できるケーブル 
  • パッシブタイプ・・・
    HDMI信号をそのまま発信するケーブル

     

    これ↓がアクティブタイプの変換ケーブル。

     

    これ↓がパッシブタイプのケーブル。

    HDMIとDisplayPort → もともと互換性がなかった

    もともと、HDMI(DVI)とDisplayPortには互換性がありませんでした。

    なので、アクティブタイプの変換ケーブルを使わないと、DisplayPortからHDMI(DVI)に変換することができませんでした。

     

    そんな状況に「それじゃ不便だよね」ということで、DisplayPort 1.3から「デュアルモード」という機能が追加され、DisplayPortからHDMI信号を発信できるようになりました。

    なので、「デュアルモード」に対応しているDisplayPortから出力する場合は、パッシブタイプの変換ケーブルで出力することができます。

     

    逆に、「デュアルモード」に対応しているDisplayPortでも、HDMI(DVI)→DisplayPortに変換することはできません。
    (「デュアルモード」で互換性があるのは、DisplayPort→HDMI(DVI)の場合のみです)

    ちなみに、「デュアルモード」はDisplayPort 1.3のオプションです。

    なので、DisplayPort 1.3だからと言って「デュアルモード」に対応しているとは限りません。

    なぜ対応していない場合があるかというと、デュアルモードに対応する場合、HDMIのロイヤリティを支払わなければいけないからです。(なので「デュアルモードに対応するくらいだったらHDMI端子をもう1個付けたろ!」というふうにしているメーカーがあります)

    ですが、実際はほとんどのメーカーが「デュアルモード」に対応しているようなので、基本的にパッシブタイプの変換ケーブルを使用しても問題ありません。

    アクティブとパッシブのメリット・デメリット

    表にまとめると以下のような感じです。

    アクティブパッシブ
    高め値段は?安め
    ほんの少しだけあるタイムラグは?ない
    内蔵されているクロックジェネレータが内蔵されている?内蔵されてない

    基本的に

    • デュアルモードに対応している場合
      パッシブ 
    • デュアルモードに対応していない場合
      アクティブ 
    • デュアルモードに対応しているが、クロックジェネレーターが足りないという場合
      アクティブ

    みたいな感じで選べば良いんじゃないと思います。

    まとめ

    というわけで最初の結論に戻りますが

    • アクティブタイプ・・・
      DisplayPort信号からHDMI信号に変換できるケーブル  
    • パッシブタイプ・・・
      HDMI信号をそのまま発信するケーブル

    という内容でした!

    以上、参考になればうれしいです!

    コメント